最後までお付合い有難う御座いました!

製作 改造のポイントです。
Garage

ガレージのトップへ

ボディーは後ろから見ると八の字に下開きに変形して、更にシャシーとの取り付けダボが有りませんので、下開き防止に横長のプラ板を取り付けました。
同時にブロック状のプラ板を側面に貼り付けてます。こちらは、シャシーとボディーとの取り付けにダボが無い為です。 ダボがないので前後方向にガタガタ
動いてしまうので取り付けてます。
キットのエアーインテークは写真左上。 見た目がイマイチなので作り直します。

右写真
メッシュはハセガワのモデリングメッシュより。
ダクトの周りの部分はプラ板から切り出します。 その後、両方共セミグロスブラックに塗装。
グリルは抜けてた方がカッコ良いかなと思い・・・
良くなったのか小汚くなってやらない方がマシだったのか?って出来です。

グリルガードは0.3ミリ真鍮線です。
一応1升は1センチ。 小さいのでヘロヘロで不細工なのは勘弁して下さい。

上段左から
キットのホイルはツルツルなタイヤなので写真中央のタイヤに交換します。
流用するタイヤからホイルの部分だけくり抜き、キットの方はタイヤだけ削り取りホイルだけの状態にします。

何度も根気良く摺合せ調整を行いドッキングさせます。

Heller 1/43 Land Rover

Factory
ファクトリーのトップへ
マフラー出口のみ真鍮パイプで作り直してます。

尚、パイプを曲げる際は中に、潰れ防止の真鍮線を突っ込んだまま曲げて下さい。 何も入れずに
曲げますと内側が潰れてしまいます。 
入れる真鍮線のサイズはピチピチのサイズがベストです。 細いと内側にシワが出来てしまいます。
マフラーはシャシーに一体モールドで寂しかったので。
上段左から
キットの状態。 全てがモールドされていて塗る分けし難くそうだったので。 モールドを削り落し
ドアハンドルの所はくり抜きます。 (ドアハンドルの工作はボディー側、全4枚てやってます)

ドアハンドル自体は写真の様にプラ板工作です。

1番右 削り落したドアヒンジなどは細切りプラ板にて再生します。

テールランプなどはHアイズです。
Factory