外装の改造ヶ所は以上です。
今度は内装
荷台を20ミリ延長します

ノーマル車な感じであれば、テッチンを履かせてこんな感じ! でも今回は派手に荷台をストレッチしました。
Garage
パテで土台を作り、更にキットのパネルで嵩上げ。 MTとサイドブレーキレバーは、アオシマ330セドグロより。    消火器は1/35ミリタリー物より強奪です。  撮影後、シートは↓に交換しました。
↑ 改造後のインパネ
ボディーの塗り分けを簡単説明しますと
こんな感じにマスキングできたら ブラックを 「バー」 って吹き付けて・・・                ドキドキしながら、生乾きの内にマスキングを剥がせば・・・
ファクトリーのトップへ
ガレージトップへ
完成!
シートベルトはタミヤ製   内装色は 「張り替えた」 って設定で!
完成後の様子
お次は荷台の延長工作
先ずは基準を作る為シャシーから
先ずは外装からスタート!
以下改造風景
シートはフジミのレカロに交換 シート裏が抉れてるので、パテ埋め
序でにシートベルトを通す穴が埋まってますので開口しました。

②→
←③
←③
先ずサフ色→ 白色に変身してもらいます。              センターに真っ直ぐ、マスキングテープを貼り付けます。
↑ 改造前        
↓ 改造後
色々プレスラインを眺め、今回は↑の位置で切断です。                   こんな感じにバラバラにし                      仮組みして、裏からプラ板で固定します。

アオシマ 1/24  TOYOTA HILUX

ひたすらパテ→ ペーパー→ パテ・・・ 根気で頑張ります。    アオリは↑の様に開閉可ですが、固定し隙間をパテ埋めです。今回のは実用車では無いのでスムージングしました。 
多目にエポキシパテを盛り付け、爪楊枝で前後のプレスラインを繋げて目印を付けておきます。 ↑硬化後大まかに切り出し              荒目の棒ヤスリでアバウトに整え
部品切り出し時にメッキを傷付けてしまった序でに、3ミリ厚のプラ板でリップスポイラーを追加し塗装仕上げ
N`s的には、こんな垢抜けない商用車も萌えなんですがね~
② ③を ①をガイド代わりに、ずれない様に貼り付けます。         ② のみ剥がしますと、マスキング完了です。 

① ③ は塗装後白色                               剥がしたマスキングは勿体無いので、今後小物の塗装時に
②    は塗装後剥がして黒色                          勿体無いので再利用しましょー!

だいぶ端折りましたが最後まで御覧頂き、有難う御座いました。 お疲れ様でした!
Faktory
↑ 地味~な感じのキットの内装を改造車っぽくします
先ず、切断ヶ所を選定し、  切断後1.0ミリのピンバイスで穴を開け、20ミリ伸ばした位置で補強棒をがっちり固定します。    更に補強&目隠しにエポキシパテとプラ板を取り付け完成!
このタイヤ&ホイルを↑に交換します。  別売のりトラック用ホイルです。

          ↑ フロント            ↑ リア
少々太過ぎたので、こんな塩梅で細くしました。
Factory
製作 改造のポイントです。