加工前
加工後

Factory
何処かで書きましたが、この物件は成り行き上 何時しか4駆を再現って事になりました。

実車の4駆ではグレードに関係無くフロントバンパー下に写真の様なバーが付く様です。
素材は2.0ミリのプラ棒をライターで少し炙ってひん曲げた物です。車体への取り付け部
は全く参考になる物が無かったので適当です。
フロントバンパー下のアンダーガード
って ↑で書いたので、やってみます。

加工前
加工前
加工後
加工後
良く見ると5穴です。 軽自動車なので4穴なんですよね
使ったホイルは数年前に 「その内使う時が来るかな~って」 買った物です。

ようやく使う時が来ました。ジャンクBOXに埋もれていた為、ビニールが小汚い
ですが中身は大丈夫です。 210円ナリ~!

内装編
(↑只今御覧のぺージです)
キットとシャシー編
車高& トレッド調整
ボディー編
箱絵はこんな感じ

同じサンバーでもこの古い方を始めるって所が捻くれたN`sらしい所でしょ?!

アオシマ 1/24  SUBARU SAMBAR HIGH ROOF

Garage
ファクトリーのトップへ
キットとシャシー編
内装編
(↑只今御覧のぺージです)
ボディー編
ホイルの金色はクレオスの9番では無く
フィニッシャーズの赤金です。実は色味
が気に入って何時か機会が有れば使い
たかった色です。
ようやく出番が来ました!
ホイールナットは1.0ミリ 5角形のプラ棒より。
本物のナットは6角形ですが、小さい事は気に
せずに!
バンパーなどの位置関係を考慮した結果、こんな感じにシャシーに穴を開けブスッと差し込んで固定します。
マフラーを自作
シルバーを塗装し表面の荒れを具合チェック

この色でも良いっかー!って思いましたが
サフを吹いて平らになったのを確認したら0.3ミリのプラ板
を貼り付けます。
貼り付けたプラ板は、ホイルと一体なので接続面をしっかり
パテで消し、なだらかな曲線にしておきます。
4穴化する為不要なモールドを全て削り落します。

狭い所なので彫刻刀の先をグラインダーで幅摘め
加工した物でやってます。 こんな事しなくても
ハセガワなどから出てますので御購入下され。
早速仮組み
こんな嬉しいオマケが付いてます。

軽トラに荷物として載せて河川敷のジオラマを作ると

           作品名 「不法投棄」 的な作品が作れそうですな~

                       ↑ オイッ! (殴)

写真の様にシャフト穴を下側へ長穴加工し、パテでシャフトが上がって来ない様に抑えてます。
足廻りの部品が別部品であれば、もう少し加工し車高を上げる気にもなりますが、シャシーに
モールドされてる構造なので削ぎ落とすのも大変なのでこの辺で妥協します。
このキットはマフラーが省略されてます。2ミリのプラ棒を曲げ、穴を開け再現します。
取り付け位置は、リア車高調整の所の写真で言いますと
加工前の写真、シャフトの裏にもう一本シャフトが刺さりそう
な穴が見えると思います。その不要穴を利用して差し込んで
固定ます。

タイヤとホイル
こちらのページでは先ず、キットの中身とシャシーについて書いて行きます。 
ホイルの色が色なので目立つかな?って事で一応エアーバルブも付けました。

  しかし、最近 ま~何故か?こんな加工ばかりしてる様な気がする・・・

                    チカれた・・・
ボディーの色に合わせ、こんな色にしてみましたよ~
↑ キットの状態
一旦バラバラに分解します
それぞれ調整分プラ板を挟んで再接着します

赤 トレッド調整分      緑 車高調整分
車高は写真の様に大体3ミリ程です。
上下 前後など調整できたら瞬着で
ガチガチに固定します。
完成するとこんな感じになります。
因みにお隣の左写真 黄色丸は車高調整するとタイロッドが下がり、ぶつかるので
右の右写真の様に切除し無かった事にます。
写真を見比べて頂ければ何故こんな工作をしたか?分かって頂けると思います。

手軽に適当にスペーサーを噛ませてトレッドを広げステアリングを切ると、とんでも無い事
になりますので
通常ここまで動かして展示したり写真を撮ったりする事は無いですが、
加工後の方が少しマシでしょ!

ま~ デザイン自体違うのですが、放熱穴の形状違いは気にせずそのまま使います。

5穴→ 4穴化は気が向いたらやります。 その時はこの下にスペースを作って加筆します。
知っていて買ったので文句は言いません。

←赤アンダーラインはお約束な文言ですな!
↑ コンバート終了後の姿。 少し外径が大きくなりフェンダーのスカスカした感じが無くなったので、この後車高とトレッドを調整します。
↑ キットのホイルはオプション?のアルミホイルみたいですね。 ネットで写真を漁っていたら、同じ感じのを履いている実車を数台見かけましたよ
少し車高が低いのと、鉄ッチン好きとしては 「軽なら鉄ッチン」 って事で交換します。
部品はこれで全部。 後、写真にありませんが説明書もねっ!
キットの部品
↑ 車高を上げ、トレッドを調整すると 「これぞ軽バンっ」 って感じになりました。 でも、もう少し車高上げても良いかも知れません