③ シャシー編
今度はリア
完成するとこんな感じに
フロントのウインドフレームの加工
FUJIMI 1/24  SUZUKI Jimny Custom
③ シャシー編
各開口部は墨入れ仕上げでも良い感じになりますが、どうしても墨入れでは奥行き感が出ません。細いスリット状な部分は奥が見えないので墨入れ仕上げでも気になりませんが、
グリルの様に奥が隙間から見える部分では奥行きの無さが個人的には違和感を感じるので可能な限り本来空いてる部分は空けてあげると良い感じになると思います。
ただし、リューターなどの道具が無いと大変な作業になると思うので、この作業は道具が有り、やりたい方だけ頑張って下され。 別に必ずやらなきゃ良けない作業じゃありません。
こんな感じ
全体像は
リアは、フロント程弄りませんでした。 やはりバンパー両エンドが気になるので切り落とします。ホントは作り直して小型化したかったのですが、テールランプが居るので
あまり弄ると収集付かなくなりそうだったので、キットをベースに形を少し変えるだけに留めました。 ホントはもっと切り刻んで小さく (特に横方向)したかったけど・・・
← は加工後
② 内装編
① ボディー編
(↑只今御覧のぺーじです)
開閉しなければやる必要の無い加工です。

ピラーの穴を再現します。
ピンバイスで穴開け後、デザインナイフで4角く加工します。

赤矢印は0.3ミリ×0.3ミリのプラ棒を貼り付けたプレス
の折り返し部

ガレージ SUZUKI Jimny
    のページへ

② 内装編
① ボディー編
(↑只今御覧のぺーじです)
最後にヒンジと小物
右から
伸ばしランナー製のウインドーウォッシャーのノズル
0.3ミリ真鍮線の両端をペンチで潰して作ったウインドー上部の取っ手?みたいな物
ウインドーを倒した時のストッパー2個、ステーは0.1ミリの銅板で丸い所は伸ばしランナー
助手席側の穴の上に取り付けるワイパーモーターです。
土台の薄い板は、先程出て来た0.1ミリの銅板  その他の構成部品はプラ板やプラ棒です。 実車のワイパーモーターはもう少し太いのですが、
これ以上太くするとダッシュボードの切欠きに干渉して閉まらなくなってしまうので妥協しました。 モーター部 (黒い所)の太さは、およそ1.5ミリ位です。
ワイパー関係の部品を作ります。

先ず0.3ミリの真鍮線の端をペンチで潰した物でワイパーリンクを作ります。

上 運転性側に取り付ける物
下 中央に取り付ける物

グレーな物はプラペーパー 黒は何時もの伸ばしランナーを切って取り付けた物
先ずはウインドー裏。 プラ板でデッチアゲます。
ナンバー関係
右 キットのまま
左 加工後
う~ん 違いが分からない・・・
フロントドアヒンジ上側は完全に切り離しますが、
下側は蝶番だけ切り離しベースはボディーに残します。
ボルトは削り落した後、その跡地に穴を空け、最後に
伸ばしランナー製のボルトを埋め込みます。
ドアヒンジ
ウインカーはバンパー内蔵でした。そのバンパーを切り
落としてしまったので自作します。
コの字のプラ板を元に黒いレンズベースを作りますレンズ
自体はキットの部品です。
ナンバーの位置を下から上に移動させますので
1.2ミリ厚の端切れを使って削り出し
赤丸の部分を使います。
最後にボルトなどのモールドを追加します。
途中写真を撮り忘れました
なので、塗装後の写真で失礼します。
フロントフェンダーのウインカー
ボディー表面の加工
小さいバンパーを作りますが
切り離すと隙間が空いてしまうので

① ボディー編

ファクトリーの
     トップページへ

↑ 加工前
↑ 加工後
各リンクの上部は赤線の様に、ワイパーアームの根っことそれぞれ繫がってます。
組み付けるとこんな感じ
因みに上側正面はバックミラーの取り付け用ボルト穴2個 両サイドはバイザーの取り付け穴。 
当初ロールバーを作った関係でバックミラーもサンバイザーもロールバーに干渉するので作らない
でスルーする予定でしたが、成り行き上こー言う事になったのでボルト穴だけ再現してオシマイ
筋彫りをコリコリ深く掘っている最中に貫通してしまったので、  諦めて切り離します。
ホーンより、手書きでフニャフニャな 「SUZUKI」 の方が
目立ってるのが悲しいけど
↑ホーンはこんな感じに加工します。
グリル内部はそこそこ見えそうなのでプラ板
各サイズを使って再現します。
一度切り離したリアのヒンジは墨入れだけして再度
貼り付けただけです。 少し墨が濃かったですな
磨ぎ出し時に邪魔になるドアハンドル 各ヒンジ フロントのサイドウインカー等、表面の凸を切り離しておきます。 赤丸のエアーアウトレットは、実車では半ツヤ黒な様なので、
クリアーでモールドが埋まっても 「目立たなそう」 って事で切り離さず手抜きします。右写真アオリのスペアータイヤのホルダーですが、今回は使わないのでカットします。
コの字プラ板にて↑の様な物を作ります。
下がバンパー 上が隙間の目隠し
上の写真3点はキットの状態です。 赤丸の部分ですが、実車のクロカン車で大きな岩など片輪乗り上げる時、タイヤが岩に当たる前にバンパーの端が
当たるのでカットしている事が多いです。 なので今回 それに習いバンパーの端を切り落とします。

目をショボショボさせながらプラ板を削ってヒンジを作ります。 刺さっている物は0.3ミリのピンバイスの刃

右 ウインドーを倒した時
左 ウインドーを起こした時
写真下のがボディーから切り取った物
色塗って取り付けても良いのですが、少しひん曲がって
しまったのと、やっぱりクリアー部品で行きたいって事で

写真上の様に先ずベースをプラ板から切り出します
余り物のクリアー部品から切り出します

写真は試作品
ベースは半ツヤ黒に塗装し、反射鏡には
タバコの包み紙を貼り付けてレンズと合
わせるとこんな感じ
Garage
Factory
先ずはフロントから
それぞれの加工後の姿
表から 「ツンツン」 です
←全然説明になってねーよっ!
裏から透けるまで万遍無
くリューターで削り
ボディー開口部の加工
あーだ こーだと弄り回したのですが気に入らなかったので、バンパーを作り直す事を決意して切り離します。