←キットの後ろ姿
↓ スポーツオプション版
↓ ノーマル版
先ずは見ての通りタイヤのゴツさが違います。 トレッドパターンの他に、外径 タイヤ幅
が違います。 因みに内径は一緒です。
ですが、ホイル幅やホイル外周の凸の大きさに違いアリです。 組み合わせを変えての
流用の際には注意が必要です。

付属のバネも違いアリ。 バネが違い、車高が違うので当然微かに見えているネジも両者
違う長さのネジが入っています。
バネの違いはこんな塩梅

スポーツオプション版は、黒バネを前後共通で4本

ノーマル版では、黒バネをフロントに2本
シルバーのバネをリアに2本使用します。
ノーマル版とスポーツオプション版とで一ヶ所違いがありまして、↑上の赤丸の部品の有り無しです。
他の部品の形状などは多分同じだと思う。 (少々自信無し)
この部品、無しの方がノーマル版。 付いている方がスポーツオプション版となります。
←写真の様にフロントアクスルとバネの間に挟まります。 この部品の厚み分、同一のバネを使ってもスポーツオプション版
の方が車高が高くなるんですね。
↓ スポーツオプション版
↓ ノーマル版
ノーマル版とスポーツオプション版との付属部品の違いの件は、これにておしまい
仮組み写真
シャシー関係や、フレームとエンジン系のランナー
前後バンパーやワイパーなど、外装部品も混じって
います。
④ その他編
③ シャシー 足廻り編
① キットの紹介編
② ボディー編
③ シャシー 足廻り編
④ その他編
② ボディー編
① キットの紹介編
(↑只今御覧のぺージです)
Garage
完成写真のページへ

ファクトリーの
     トップページへ

トップへ
(↑只今御覧のぺージです)
キットはスペアータイヤが背面式ですが、車体後部下側へ移動させVX→GX化して制作しています。
今回は

① キットの紹介編


上段はツヤ消しのメッキ部品  下段はツヤ有のメッキ部品
クリアー部品
先ずはボディーから
Factry
TAMIYA 1/24  TOYOTA LAND CRUISER 80 GX
 
スポーツオプション版の 「①キットの紹介編」
サスペンション可動に引かれて買ったんですが、
サスペンションが思っていたより動かないんです。
← タイヤはスポーツオプション版と比べると大人しい感じのトレッドパターンです。
   どちらかと言うと、オールテレーンタイヤと言うより1個1個のブロックが大きく。そのブロック同士の間隔 (通称で言う溝)
   などを見るとハイウェイテレーンっぽいパターンですねぇ

↓ スポーツオプション版
↓ ノーマル版
↑ 残念ながらこのランナーは付属されていません
ノーマル用部品
バスタブやら内装の部品関係です。
一部マフラー部品や、ナンバーのどの外装部品が
混じっています。
右左のハンドル位置に対応したダッシュボード部品が入っています。 バスタブ内装だと流石のタミヤでもコーなっちゃうんですねぇ・・・  マッ 何とかするさっ
最後にエンジンルームなんですが、ファイアーウォールのパーティングラインラインが目立ちますねぇ ここに限らず、結構至る所でこの位の段差があります。
↓ モールドもバッチリ!
ノーマル版は、車高はキットのままにするので足廻りはほとんど弄らず作って行きます。 それじゃぁ見て頂いている方に悪いので、こちらはボディーを少し弄って行きます。
なので上の社外バンパーは付属していないので、自ずとノーマルバンパーとなります。
又はバンパー自作コースですね。

因みにノーマルバンパー中央(通常ナンバープレートが付く位置)が凸っていますが
その奥に、オプションのウインチが鎮座しておりまして、この凸はウインチのカバー
を表現しています。
ノーマル版はシルバーなので滲み出しの心配はしないで済みそうですが、スポーツオプション版は・・・・   滲み出します。
その滲み出しの件は                              の、一番下の方を参照下さい。
デカデカと×を書くのも如何かとも思いましたが
これで部品の紹介はおしまい
ナンバーデカールの車両区分は男の貨物車(1ナンバー)です。
因みに右写真に丸く囲ったモールドにはデカールがありません。 この辺は少々考えものですねぇ
因みにナンバー灯上のランクルの文字はちゃんとあります。
ノーマルらしい、スッキリとした姿の箱絵ですね。

昔、私が現役だった頃はこの配色のランクルをウルトラマンみたい
なんて言っていましたねぇ   懐かしい。

簡単にノーマル版とスポーツオプション版との、付属部品の違い
最初の方で出て来た写真の部品ですが
当然キットの箱の箱絵も違うんですが。こう見てしまうと、どうしても仕様の違う2台を同時製作したくなっちゃんですよぉ~  ねぇ

この大人しい車高もたまには良いもんです。  あぁ~ 俺も大人になったなぁ~   (苦笑)
でっ 最後に
ルーフに結構きつめなパーティングラインありです。
ウインドウは御覧の通り厚みが均一なので歪み無く綺麗に見えています。
ボンネットはエンジンが付く為、無塗装でポンと置けば見えるって魂胆なんでしょうけど、
個人的には普通にボディーと同じプラスチックで作ってくれた方が嬉しいんだがなぁ・・・
下で出て来る艶消しメッキのランナー用の補助灯の
クリアー部品。 これはノーマル版でも付いて来ます
が、組み合わせる部品が無いのでこのノーマル版で
は使用しません。
アクスル関係、リンクロッド ショック
アブソーバーなどの部品。
早速中身を見てみると