(↑只今御覧のぺージです)
① キットの紹介編
② ボディー編
③ シャシー 足廻り編
④ 内装編
今回は、このスカイラインクーペを作ります。

まぁ~ この型のスカイラインが発表された時の衝撃は凄かったですねぇ
勿論、私もかつてR31に乗っていた事もあり注目していましたが、これが
スカイライン? って正直戸惑った事を思い出します。

さてっ そんな事もありキットが発売されても当時は購入をスルーしたの
ですが、そりゃぁ何年もこの形を見て来れば 「これでも良いんじゃねぇ~」
って思える様になって来ました。   ←大人になったなぁ~オレッ!

久々に再販されたので嬉々として2台纏めて購入! っと
相成りまして今回の製作決定となりました。
① キットの紹介編
(↑只今御覧のぺージです)

① キットの紹介編

手を入れながら軽~く組んでみると・・・
NISMO
↑350GT
車高を落すには
っが、「おいっ 切れてねぇーのかよっ!」 って思わず逆切れ。 結局大きなマスキングシートを貰ったのと一緒じゃん・・・
まっ 目安の線が書いてあるだけマシって事ですな。
いやぁ~初の窓枠マスキングシール付って事でテンションMAX!
こちらは2枚入っています。 違いは見ての通り、バンパーの違いとリアウイングの有り無しです。
NISMOの方の小さいランナーはリアバンパー下部に取り付けるパーツです。
内装のバスタブには両者に違いが見れませんのでどちらを使ってもOKみたいですよっ
シャシーと足廻りの部品です。
ランナーが2枚入っているのでは無く1枚だけ入っています。
その1枚を表と裏をひっくり返して撮ってみたの図です。
写真は箱を撮影した関係で歪んで写ってしまいリアタイヤがクラッシュ状態ですが、実物の箱写真はちゃんとなってますんで御安心下さい。
Factry

ファクトリーの
     トップページへ

トップへ
完成写真のページへ
NISMO
NISMO
NISMO→
←NISMO 350GT→
350GT
350GT
NISMOバージョンで仮組みしています。 しかしそこはNISMO仕様と言うには、少々腰高な感じがエアロにマッチしませんので、車高を落したいのですが
なんや かんやで仮組みします。 今回はNISMOバージョンで作りますんで
一応拡大しておくと
FUJIMI 1/24  NISSAN V35 SKYLINE COUPE 350GT/NISMO
 
Garage
期待以上にかっこ良くなりました。
④ 内装編
② ボディー編
③ シャシー 足廻り編
なのでリアバンパーはそのままNISMOバージョンで行きます。
前方4分の3と、後方4分の1とを比べると前半のボリューミーな感じが、後方で一気にあっさり薄味な感じになってしまい何だかバランスが悪いので却下
NISMO→
↑350GT用バンパー
350GT→
こちらも2枚入りです。 両者の違いは中央左側のサイドステップの形状が350用とNISMO用とで違う所。
なので、サイドステップ以外の部品がダブって入っているんですよねぇ
ならば何故? サイドステップを上のバンパーのランナーへ入れてバスタブをこちらへ入れて、一緒に成型
しなかったのか?少し疑問。 そうすればこんなにダブル部品は少なかったろうに・・・
まぁ~ とりあえずボディー

リアのニッサンマークとスカイラインの文字がモールドされています。
しかしこの部分、写真では分らないですがこの面が結構な凹状になってます。
下地処理でパテ盛ったりするとモールドが無くなっちゃいますが、そこはFUJIMI!
下で出て来ますがこの辺はちゃんとデカールがあるので盛って削ってをしても一応
大丈夫です。
そこで、リアバンパーのみ350GTの物を取り付けてみますと
先ず、前後共にトレッド調整が必要ですね。 先ずはトレッドを狭めないとタイヤが当たってフェンダーアーチ以下へは車高が下がりません。

青矢印のリアバンパーサイドのエアロなんですが、実車を確認しても、こんな塩梅に後方に隙間が空いた状態でくっ付いています。
個人的には 「何だかなぁ~」 って気がしますがねぇ
一見綺麗に見えますがウェルドラインがあります。 (写真では見えませんが)
私の手元にある物は、特にリアウインド周辺に数か所目立つ所にあります。
さってどうすっか?
デカールと窓枠マスキングシール
気を取り直してクリアー部品
まぁ~ こちらはメッキ以前にモールドがねぇ・・・
ねっ こんな塩梅
一応ちゃんとしてました。
ホイルがあんな状態なので不安だったメッキ部品
←350GT用の方が少しだけまし。
↑ NISMO用はこんな塩梅にフジミクオリティ―全開!  ←喜んでどうするっ
お次はタイヤとホイル

ホイルは2台分で、タイヤは共通
一体成型なのでしょうがないのですが、良く言えば「非常にあっさりとした内装」です。
そんな内装なので、流用する気にもならないので1台分入っていれば十分なんですがねぇ・・・
まぁ~  マフラー位は別部品でも・・・   まっ 裏だから適当で良いっかぁ
さって とりあえず中身
箱の横に完成写真が載っていますんで、色々悩む際の参考になります。
え~ 見ての通り 350GTか? NISMOバ―ジョンで作るか? の二者択一方式です。
アメプラの「2in1」的な感じで、どちらで作ろうか? っと悩む、そんな時間が贅沢で嬉しい
キットじゃ無いかって勝手に思っています。

更に嬉しい事に、私にっとって初の窓枠マスキングシール付キットでござる!